teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2013年8月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 8月 2日(金)07時27分41秒
  8/1(木)、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(8)」に、平成24年11月に訪ねた
大分県の5か所の廃校廃村めぐりのレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zsw23.html
探索は、大分在住のかもしかさんとふたりで行いました。

ハイライトは、何といっても傾山(かたむきやま)林業集落跡です。
傾山への入口(払鳥屋登山口)から、道なき道をゆっくり歩いて約2時間。
たどり着いたベニガラ谷近くの集落跡は、意外なほど大規模なもので、
石垣、家屋の敷地、かまど、風呂、林鉄の線路、
分校跡の碑、購買所の醤油のホーロー看板など、
たくさんの遺構が迎えてくれました。

山歩きを趣味とする、かもしかさんの同行がなかったら、
行くことができなかったに違いありません。
感謝することしきりです。

このお盆休みは、4泊5日で宮崎を中心とする九州に出かける予定です。
かもしかさんとの再会も、また楽しみです(^_^)

画像は、木浦小学校傾山分校跡の碑です。

 
 

2013年7月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 7月 3日(水)07時24分23秒
編集済
  7/2(火)、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(8)」に、平成24年梅雨明け頃に訪ねた
沖縄県伊是名村具志川島(ぐしかわしま)のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zsw22.html

探索は、嫁(keiko)とふたりで行いました。
嫁と一緒に沖縄へ行くのは今回が初めてです。
島の船着場から内陸の学校跡までは1km少し離れていて、
季節がらもあって、探すのはたいへんでした。
というか、探しあてていただいた、案内の方に感謝します(^_^)
暑さもですが、日差しの眩しさがすごくて、
案内の方がいなければ、たどり着けていたかどうか、
わからないほど身動きしづらかったです。

具志川島小中学校跡の砂地の校庭には野生のタバコが生えていて、
簡単にひっこ抜けたので
写真を撮るにあたって、数十本整理しました(^_^;)

画像は、往路の飛行機から見えた富士山です。

 

小串五区

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 6月16日(日)11時33分54秒
編集済
  この頃、ブログに記事をまとめていないことに気がついたので
5月26日(日)に出かけた小串のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.jugem.jp/?day=20130616

振り返ると、小串五区にインパクトがあったので、
ここでは、今も残る職員クラブの階段の画像を、アップします。
mixiのかずさんの「小串鉱山」コミュに、往時の職員クラブの写真が
載ったブログが紹介されていて、
この建物が2階建てだったことがはっきりしました。
  http://blogs.yahoo.co.jp/konyaqoo/60281256.html

 

2013年6月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 6月 1日(土)10時59分59秒
  6/1(土)、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(7)」に、平成24年GWに訪ねた
北海道森町三岱(さんたい)のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zs27.html

探索は、piroさんとラオウさんの3名で行いました。
八雲町の廃校廃村探索の続きで足を運んだのですが、
メンバーが半分に減って、ずいぶん雰囲気が変わったこともあって
別枠でまとめました。
エピローグということで、全県踏破(北陸・東海以東)の旅の
レポートはこれで完了です。

画像は、三岱の学校跡の石碑です。
古い地形図を見ると、スコロ岱、桂岱、笹岱という地名が載っていて、
三つの岱をまとめて三岱というようです。
学校跡は中央の桂岱、神社は南側の笹岱にあります。

 

Re:Re: Re:Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月19日(日)10時07分28秒
  記事を拝見させて戴きました。

HEYANEKOさまの輝かしい経歴と、廃村レポートの歴史に、只々感動させて戴きました。

なお、ゆうちょダイレクトを利用すると、送金手数料が無料です。ゆうちょ決済は、ありがたい♪

向山トンネルは、数年前に、元カノと行きましたっけ。帰りに回った木更津の漁師料理店で食べた、巨大な穴子丼には絶句し、以来、穴子を食しておりません。(^o^;)
 

養老渓谷・向山トンネルと共栄トンネル

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月17日(金)06時59分6秒
編集済
  今年のGWは、長野と千葉へ、日帰り鉄道旅を3回繰り返しました。
その中で印象的だった、養老渓谷の二層になっているように見えるトリッキーなトンネル、
向山トンネルと共栄トンネルについて、ブログで記事をまとめました。
  http://heyaneko.jugem.jp/

鉄道旅は、クルマやバイクと違って、乗りさえすれば寝ていてもお酒を飲んでいても
目的地に着くわけですから、
年を取ってからも、使いやすい交通手段だと思いました。

>せんてんすさん
 「わたしのここから」2013年4月号、
 お買い上げいただき、ありがとうございます(^_^)
 本代350円+送料80円に払込手数料80円で、計510円になるでしょうか。
 他に類を見ない、独自色の高い雑誌ですので、
 倉沢の記事をはじめ、ごゆるりと、お楽しみください(^_^:)
 そういえば、こだわりの旅の一番目は、青春18きっぷの旅です。

画像は、向山トンネルの中から見た、
二層になっているように見えるトンネル(共栄トンネル)です。

 

Re:Re: Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月15日(水)21時12分40秒
  早朝からのレスポンス、ありがとうございました。


ご紹介戴きました冊子を、早速注文致しました。


ちなみに、物置と思われる建物は、2Kの住宅になっているようで、カーテンが開いておりましたので、恐る恐る中を覗いてみました。詳細は、掲示板では、自重させて戴きます。
 

Re3:倉沢集落

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月15日(水)06時40分37秒
  >せんてんすさま
 なるほど、誤操作があったのですね。
 スペル間違いは気がつきませんでした(^^) お気になさらずに。

>ちなみに、別荘のような建物は、何なのでしょう?
 これも、推測の域ですが、コメントします。
 建物の手前の家跡に、少し前まで坂和さんが住まれていた家がありました。
 おそらくですが、坂和さんの家の庫(物置)が、取り壊されないでそのまま
 残ったのではないかと思われます。
 庫のあたりが、倉沢谷沿いの車道から荷物を運ぶためにつくられていた
 モノレールの荷降ろし場だったはずです。

昨年12月に訪ねた、倉沢については、「わたしのここから」2013年4月号(第16号)に
カラー4ページの記事が掲載されています。
書店売りのない雑誌ですが、下記URLのWebから、注文のページにたどり着けますので
よろしかったら、ご覧いただければと思います。

http://www16.ocn.ne.jp/~cocokara/tokusyuu1.html

 

Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月14日(火)20時50分49秒
  HEYANEKOさま、先投稿では、貴殿のスペルを誤っておりました。大変失礼致しました。申し訳ございません。

先投稿では、画像を2枚添付し、確認画面までは大丈夫でしたが、どうも、操作を誤ってしまったようです。重ね重ね申し訳ございません。

掲示板を汚してしまい、大変恐縮ですが、リベンジさせて戴きたいと。。。ちなみに、別荘のような建物は、何なのでしょう?
 

Re:倉沢集落

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月14日(火)09時39分35秒
  >せんてんすくらぶさま
 はじめまして、へき地BBSへようこそです。

>さて、いきなりで大変恐縮なのですが、
>貴殿が、2004年に訪問された倉沢集落の最後の住民(坂和さん)の住まいなのですが、
>添付致しました画像にある建物かどうか、おわかりになりますでしょうか?

>ネット上では、基礎だけになっている場所が、住まいという記事が多いもので、
>図々しくも、掲示板で質問させて戴いた次第です。

 すいません。添付の画像がどのようなものかわからないので、
 推測の返事となります。
 「基礎だけになっている場所」が、大ヒノキ方面から歩いてきて、
 右側に見下ろす方向のものでしたら、
 それが坂和さんが住まれていた家の跡です。

倉沢は、昨年12月、「わたしのここから」の取材で2年ぶりに訪問しました。
5回目の訪問で、映画館跡の場所をはっきりさせることができました。
東京からだと、電車+バスで日帰りで行ける気軽さに加えて、深みもある、
面白い廃村だと思います。

画像は、メインストリートの最下方から見上げた倉沢石灰鉱山集落跡です。

 

レンタル掲示板
/92