teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2013年6月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 6月 1日(土)10時59分59秒
  6/1(土)、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(7)」に、平成24年GWに訪ねた
北海道森町三岱(さんたい)のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zs27.html

探索は、piroさんとラオウさんの3名で行いました。
八雲町の廃校廃村探索の続きで足を運んだのですが、
メンバーが半分に減って、ずいぶん雰囲気が変わったこともあって
別枠でまとめました。
エピローグということで、全県踏破(北陸・東海以東)の旅の
レポートはこれで完了です。

画像は、三岱の学校跡の石碑です。
古い地形図を見ると、スコロ岱、桂岱、笹岱という地名が載っていて、
三つの岱をまとめて三岱というようです。
学校跡は中央の桂岱、神社は南側の笹岱にあります。

 
 

Re:Re: Re:Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月19日(日)10時07分28秒
  記事を拝見させて戴きました。

HEYANEKOさまの輝かしい経歴と、廃村レポートの歴史に、只々感動させて戴きました。

なお、ゆうちょダイレクトを利用すると、送金手数料が無料です。ゆうちょ決済は、ありがたい♪

向山トンネルは、数年前に、元カノと行きましたっけ。帰りに回った木更津の漁師料理店で食べた、巨大な穴子丼には絶句し、以来、穴子を食しておりません。(^o^;)
 

養老渓谷・向山トンネルと共栄トンネル

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月17日(金)06時59分6秒
編集済
  今年のGWは、長野と千葉へ、日帰り鉄道旅を3回繰り返しました。
その中で印象的だった、養老渓谷の二層になっているように見えるトリッキーなトンネル、
向山トンネルと共栄トンネルについて、ブログで記事をまとめました。
  http://heyaneko.jugem.jp/

鉄道旅は、クルマやバイクと違って、乗りさえすれば寝ていてもお酒を飲んでいても
目的地に着くわけですから、
年を取ってからも、使いやすい交通手段だと思いました。

>せんてんすさん
 「わたしのここから」2013年4月号、
 お買い上げいただき、ありがとうございます(^_^)
 本代350円+送料80円に払込手数料80円で、計510円になるでしょうか。
 他に類を見ない、独自色の高い雑誌ですので、
 倉沢の記事をはじめ、ごゆるりと、お楽しみください(^_^:)
 そういえば、こだわりの旅の一番目は、青春18きっぷの旅です。

画像は、向山トンネルの中から見た、
二層になっているように見えるトンネル(共栄トンネル)です。

 

Re:Re: Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月15日(水)21時12分40秒
  早朝からのレスポンス、ありがとうございました。


ご紹介戴きました冊子を、早速注文致しました。


ちなみに、物置と思われる建物は、2Kの住宅になっているようで、カーテンが開いておりましたので、恐る恐る中を覗いてみました。詳細は、掲示板では、自重させて戴きます。
 

Re3:倉沢集落

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月15日(水)06時40分37秒
  >せんてんすさま
 なるほど、誤操作があったのですね。
 スペル間違いは気がつきませんでした(^^) お気になさらずに。

>ちなみに、別荘のような建物は、何なのでしょう?
 これも、推測の域ですが、コメントします。
 建物の手前の家跡に、少し前まで坂和さんが住まれていた家がありました。
 おそらくですが、坂和さんの家の庫(物置)が、取り壊されないでそのまま
 残ったのではないかと思われます。
 庫のあたりが、倉沢谷沿いの車道から荷物を運ぶためにつくられていた
 モノレールの荷降ろし場だったはずです。

昨年12月に訪ねた、倉沢については、「わたしのここから」2013年4月号(第16号)に
カラー4ページの記事が掲載されています。
書店売りのない雑誌ですが、下記URLのWebから、注文のページにたどり着けますので
よろしかったら、ご覧いただければと思います。

http://www16.ocn.ne.jp/~cocokara/tokusyuu1.html

 

Re:Re:倉沢集落

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月14日(火)20時50分49秒
  HEYANEKOさま、先投稿では、貴殿のスペルを誤っておりました。大変失礼致しました。申し訳ございません。

先投稿では、画像を2枚添付し、確認画面までは大丈夫でしたが、どうも、操作を誤ってしまったようです。重ね重ね申し訳ございません。

掲示板を汚してしまい、大変恐縮ですが、リベンジさせて戴きたいと。。。ちなみに、別荘のような建物は、何なのでしょう?
 

Re:倉沢集落

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月14日(火)09時39分35秒
  >せんてんすくらぶさま
 はじめまして、へき地BBSへようこそです。

>さて、いきなりで大変恐縮なのですが、
>貴殿が、2004年に訪問された倉沢集落の最後の住民(坂和さん)の住まいなのですが、
>添付致しました画像にある建物かどうか、おわかりになりますでしょうか?

>ネット上では、基礎だけになっている場所が、住まいという記事が多いもので、
>図々しくも、掲示板で質問させて戴いた次第です。

 すいません。添付の画像がどのようなものかわからないので、
 推測の返事となります。
 「基礎だけになっている場所」が、大ヒノキ方面から歩いてきて、
 右側に見下ろす方向のものでしたら、
 それが坂和さんが住まれていた家の跡です。

倉沢は、昨年12月、「わたしのここから」の取材で2年ぶりに訪問しました。
5回目の訪問で、映画館跡の場所をはっきりさせることができました。
東京からだと、電車+バスで日帰りで行ける気軽さに加えて、深みもある、
面白い廃村だと思います。

画像は、メインストリートの最下方から見上げた倉沢石灰鉱山集落跡です。

 

東京都奥多摩町・倉沢集落の最後の住民について…

 投稿者:せんてんす  投稿日:2013年 5月11日(土)20時32分20秒
  HAYANEKOさま、初めまして。私、平成の川口●探検隊を目指す、「せんてんすくらぶ.net」を管理しております。

この度、縁あって、貴サイトを発見致しました。レポート内容の素晴らしさに、西城さん並に、感激しております。

さて、いきなりで大変恐縮なのですが、貴殿が、2004年に訪問された倉沢集落の最後の住民(坂和さん)の住まいなのですが、添付致しました画像にある建物かどうか、おわかりになりますでしょうか?

ネット上では、基礎だけになっている場所が、住まいという記事が多いもので、図々しくも、掲示板で質問させて戴いた次第です。ご無礼を、お許し下さい。

http://せんてんすくらぶ.net/

 

Re:八雲町の廃校廃村めぐり

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月 8日(水)06時52分19秒
  >piroさん
 お久しぶりです(^_^)
 八雲町の廃校廃村めぐり、ちょうど1年経ちました。
 1年経ってのアップは、
 いい塩梅に記憶が熟されて、ちょうどよいのかもしれません(^^)

 写真は、古いほうの桜野小学校跡の碑ですよね。
 初めて見ました(^_^;)。
 少し眠たそうですが、喜んでいる様子がわかります(^_^;)
 美瑛町美園は、今夕でも国会図書館に行って調べてきます。
 別件とあわせて、またご報告いたします。


>ラオウさん
 お久しぶりです(^_^)
 八雲町の廃校廃村めぐりは、私も「全県踏破への道」東篇のラストということで、
 とても印象深いです。
 今年のGWは、夕張に出かけられていたのですね。
 私はなぜか、房総半島でトンネルめぐり、繞谷丘陵めぐりという
 マニアックなフィールドワークをしていました(^_^;)

 この夏は、いよいよ「全県踏破への道」西篇のラスト(全体のラスト)です。
 宮崎県へ行くのですが、そろそろ計画を具体化しなければいけません。
 次の道南は、函館まで新幹線が通じた頃、訪ねるかもです(^^)
 

Re:石切小学校小俣分校

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年 5月 8日(水)06時51分3秒
  >杣人さん
 お久しぶりです。
 小俣分校は、2001年夏と2007年春の二回訪ねているので、
 小さな校舎と学校跡の碑は、よく記憶に残っています。

 画像の2枚目が藤原さん宅、3枚目が分校でしょうか。
 何とも、想像したくない現実ですね・・・
 小俣ではないのですが、昔、村に住まれていた方から、
 「荒れた村跡には行きたくない」と聞いたことを思い出しました。

 時は前に進むばかりで、後には戻りませんね。
 

レンタル掲示板
/92