teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2015年10月(2度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年10月 3日(土)08時59分18秒
  今朝、「HEYANEKOのホームページ」、10月2回目の更新を行い、
9月8日(火)に「東京新聞」夕刊文化面に掲載された記事を
アップしました。
  http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison_5.html

8月7日(金)に「西日本新聞」朝刊文化面に掲載された記事が
ブロック紙の提携によって再掲されたものです。
「西日本新聞」版はモノクロ、顔写真なしに対して、
「東京新聞」版はカラー、顔写真付きで掲載されました。
再掲によって、初掲の補正ができ、満足度が高いものとなりました。

記事では、九州の新聞での取材ということを意識して、
長崎県大村市箕島をメインで取り上げました。
慰霊祭の取材時の旅行記は、「廃村と過疎の風景(10)」のNo.13に
掲載しています。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fs13.html

顔写真の元画像は、全県踏破の達成直後、宮崎県西都市片内で
撮影したものです。
冊子「廃村と過疎の風景(8)」の元画像でもあります。

 (2013年8月17日(土)午後6時30分頃)

 
 

2015年9月、月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 9月 2日(水)07時16分58秒
  昨日「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
新潟・富山以北 No.18
「肌で感じた南部と津軽の雪の違い」
~青森県七戸町寺下
をアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fsn18.html

「旅心のページ」トップでは、No.18 雪の青森編 と記しています。

ほんと、日本海側と太平洋側の雪の違いがよくわかりました。
南部・七戸町では、寺下のような山の廃村でも
路面のアスファルトが見える場所がありましたが、
隣の南部・野辺地町では、ずいぶん雪が多くなり、
その隣、津軽・平内町では国道4号の路面もまっ白でした。

今年は、富山、秋田、青森と、3県の雪の廃村に行くことができました。
画像は、寺下分校跡の木造校舎です(昭和52年閉校)。

 (2015年2月9日(月)正午頃)

 

「コミックマーケット88」に出展しました!

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 8月15日(土)08時40分48秒
編集済
  昨日、コミケ88に出展しました。
いや~,夏のコミケは体力と気力が問われますね。

朝は出遅れてやぐら橋閉鎖直前に通過するなどバタバタで始まり,夕方は豪雨で南浦和駅で足止めを食うなどバタバタで終わりました。
とてもきつい一日でしたが,記憶に残る一日でもありました。

コミケ出展も11年目を迎え,新たな展開を模索したいところです。
今後ともよろしくお願いいたします。 >みなさま

 

2015年8月、月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 8月 2日(日)07時38分0秒
  昨日「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
新潟・富山以北 No.17
「農政学の先生とともに雪の秋田路をたどる」
~秋田県北秋田市山萱草,鍵ノ滝
をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fsn17.html

「旅心のページ」トップでは、No.17 雪の秋田編 と記しています。

秋田といえば、「秋田・消えた村の記録」の佐藤晃之輔さん。
廃村のライフワークの原点です。
昨年9月、農政学の先生こと
「撤退の農村計画」の林直樹さんとの出会いがあって、
原点回帰につながりました。

画像は、2泊3日の行程の終わりのほうで立ち寄った
北秋田市(旧阿仁町)鍵ノ滝地内にある、阿仁スキー場です。
3日目、急きょ参加された北海道帰りの井手口さんを含めて3名、
スキー場の食堂で昼食休みをとりました。

その後、秋田内陸線 阿仁合駅にも食堂があることがわかったので、
次回訪ねることがあったら、阿仁合駅食堂を利用したいところです。

 (2015年2月8日(日)午後1時20分頃)
 

北編を「廃村(9)」に、南編を「廃村(10)」に変更しました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 7月31日(金)08時27分20秒
  おはようございます。
「500か所超えへの道」、昨日、北編を「廃村(9)」に、南編を「廃村(10)」に変更しました。

始まりが北編(新潟県五泉市上杉川、門原、仙見谷、2012年8月)からであることと、
終わりが南編になりそうなことから、大胆に入れ替えました。

個人的には、北編、南編を主、廃村(9)、廃村(10)を従として使っていたので、しっくりしましたが、
違和感をもたれる方もいらっしゃるかもしれません。

おそらくこれで落ち着くと思いますので、ご了承くださいませ。>みなさま
 

2015年7月、月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 7月 4日(土)11時23分49秒
編集済
  本日「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
富山・石川以北 No.16
「未年の旅の始めは越中路」
~富山県富山市大玉生,東原,南砺市高沼etc.
をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fsn16.html

「旅心のページ」トップでは、No.16 雪の富山編 と記しています。

2015年の旅行記が始まりました。
ちょうど半年のずれがありますが、梅雨の時期に冬の旅を振り返るのは
ちょうどよい感じがします。

画像は、帰途のJR富山駅で見た列車の案内板です。
大阪行き特急「サンダーバード」、
札幌行き寝台特急「トワイライトエクスプレス」、
越後湯沢行き特急「はくたか」は、
すべて今は走っていません。

 (2015年1月10日(土)午後4時15分頃)


 

本谷林業集落

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 6月 6日(土)09時31分23秒
  >渡辺有之さま
はじめまして、へき地BBSへようこそです。
上野村本谷林業集落、冊子「廃村と過疎の風景(6)」集落の記憶に
2ページの記事で取り上げています。
もしも都内にお住まいでしたら、いくつか読めるポイントがあるので
見ていただけると嬉しく思います。
 

2015年6月、月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 6月 6日(土)09時24分43秒
  遅くなりましたが、
本日「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
富山・石川以北 No.15
「午年の旅の終わりは富山の廃村」、
~富山県富山市高清水,深道,数納
をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fsn15.html

ともに旧山田村ということで、
「旅心のページ」トップでは、No.15 越中山田編 と記しています。

これで、2014年の旅行記は、更新完了です。
梅雨入りの時期に、黄葉の山の廃村探索をアップするのは
涼しげな感じがして、意外とよいかもしれません。

画像は、高清水集落跡の特徴がある直線道です。
人物は、地形図の縮尺のようなはたらきをします。

(2014年11月7日(金)正午頃)
 

上野村立上野西小学校本谷分校

 投稿者:渡辺有之  投稿日:2015年 6月 5日(金)20時26分11秒
  私の今はなき父親渡辺安次が、上野村立上野西小学校本谷分校に1年間勤務しておりました。
本谷分校が廃校になったため転勤したとの話を聞いたことがあります。当時の話として、家庭訪問にいくと、茶碗に水代わりに焼酎のでてくる所だったと聞いております。そのために大酒飲みになってしまったのだという話です。あと、台風のために、職員住宅の屋根がそっくり飛ばされたとの話も聞いております。残念ながら、それ以上のことは、今となっては、わかりません。
 

2015年6月の更新、遅れています

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2015年 6月 3日(水)08時55分3秒
  どうもです。
2015年6月の月例更新、土曜(6/6)頃まで遅れそうです。
何卒ご了承のほど、お願いいたします。

>いわねえさん
中学生がまとめた廃村の本、昨年末に購入しています。
廃村もいろんな本が出きてきましたが、そろそろ目を見張るような内容の本ができないかと思うこの頃です。

 

レンタル掲示板
/92