teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


廃村と過疎の風景2014、アンコール

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年12月20日(土)08時12分0秒
  明日(12月21日(日))、東京大学農学部(東京都文京区)で
「廃村と過疎の風景2014 -都会からは見ることができない日本-」
のアンコール的な講義を行います。

9月下旬につくばの講義をベースとして
11月下旬のコンターサークル例会で講義した内容です。
「撤退の農村計画」の著者、林直樹さん(東京大学大学院農学生命科学研究科)の
計らいで実現しました。
「撤退の農村計画東京支部★第19回定例会合」の中で行われます。

時間は午前10時から、最寄駅は南北線東大前駅です。
参加希望の方、本日中に林さんと当方宛にご一報くださいませ。
林さんの連絡先は、
 https://twitter.com/HAYASHI_ISRR です。
 
 

2014年12月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年12月 3日(水)07時29分45秒
編集済
  一昨日(12/1(月))、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.16 「村跡を消すかのような日南の廃村」 宮崎県串間市新谷、日南市槻之河内、板谷 をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs16.html

「村跡を消すかのような」は、日南市板谷のことを指します。
往時、板谷には本校(北郷町立板谷小学校)が、槻之河内にはその分校(板谷小学校槻之河内分校)がありました。
「ここに学校があった」(宮崎県教職員互助会、1998)には、
両学校跡に同じように立っている木柱が載っています。
現地を訪ねてみると、槻之河内には往時の門柱、朽ちた木柱に加えて、立派な石碑が建っていました。
これに対して板谷は、何とか「ここが学校跡だろう」と特定できたものの、そこには何も残っていませんでした。
「何も残っていないことも、印象に残るものだな」と思いました。

画像は、何も残っていない板谷小学校跡です。

    (2014年5月4日(日)午前11時30分頃)
 

2014年11月(2度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年11月16日(日)08時59分49秒
編集済
  本日、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.15 「400か所超えをめざして日向路へ」~ 宮崎県西都市久野,片内,吹山
をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs15.html

400か所超え=累計訪問数401か所目の廃校廃村は、宮崎県西都市久野(くの)になりました。
500か所超えはいつ頃、どこになるのか、手前味噌ながら楽しみなところです。

画像は、宮崎県西都市吹山(ふきやま)林業集落跡に残る、林用軌道の橋脚です。

    (2014年5月3日(土祝)午後12時20分頃)

 

冊子「廃村と過疎の風景(8)」のご案内

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年11月 4日(火)07時05分57秒
  11月のWeb月例更新にあわせて、
冊子「廃村と過疎の風景(8)」のご案内を作成しました。
2014年12月初旬リリース予定です。
  http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison8.html

旅は2013年8月に完了、旅行記のアップは2013年11月に完了だから、
原稿レベルでは昨年中にほぼ終わっています。
しかし、編集作業(レイアウト+インデザイン化)が2014年2月から9月まで、
「集落の記憶」の取材が4月から5月にかけて、
その編集作業(原稿作成+レイアウト)が5月から6月にかけて・・・
という感じで、形になるまでのペースとすれば、
このぐらいの時期になるようです。

表紙は、サブタイトルが「全県踏破への道Ⅱ」なので、
「全県踏破への道Ⅰ」にあわせて、クリーム色系でまとめました。
イラストの打ち合わせが6月、
表紙、口絵の打ち合わせが9月、
中の地形図の取り寄せが2月から10月にかけて・・・
と、振り返れば少しずつ積み重ねていることがわかります。

ご案内も含めて、パーツはそろったので、
大詰めの作業をしっかりしなければいけません。

 

2014年11月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年11月 3日(月)07時57分44秒
  一昨日、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.14 「400か所目は 長崎・音浴博物館」
~ 長崎県西海市古田開拓,大村市箕島 をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs14.html

古田開拓は、「廃村千選」累計訪問数 400か所目らしい個性的な廃校廃村です。
数字を追いかけると、進行状況が一目でわかるので
進捗管理にはいちばんの手段です。
野球選手の累計ホームラン数で「○○本達成!」と記すようなノリですね。
現在、累計訪問数は431か所。
今年中に、あと4~6か所上乗せしたいところです。

画像は、今は「音浴博物館」(レコードを約16万枚所蔵する公共施設)
となっている、古田開拓の学校(雪浦小学校開拓分校)跡です。

    (2014年4月29日(火祝)午後12時30分頃)

 

「コミケ87」、当選しました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年11月 2日(日)07時07分10秒
編集済
  昨日、「コミケカタログ」Webにアクセスして確認したところ、
年末に行われる「コミックマーケット87」(略称コミケ87)に
当選していることがわかりました。

===

 「コミックマーケット87」に出展します!

 新刊 冊子「廃村と過疎の風景」第8集、頒布予定です!
   http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison8.html

 「廃村と過疎の風景」第1集~第7集も出展します(^_^;)
 *第1集~第3集は、少部数です。

 ●日時 2014年12月28日(日)10時~16時

 ●場所 東京ビックサイト(西2ホール“け”ブロック-29a)
    サークル名:出版者HEYANEKO

===

今回から、サークル名を「HEYANEKO」から
「出版者HEYANEKO」に改めました。

お隣は,武部さんのサークル「ムサシノ工務店」になるみたいです。
興味をおもちの方、コミケに出かける予定がある方は、
是非お立ち寄りください。

画像は、「コミケカタログ」Webのサークルの配置スペース画面です。
驚くほどしっかりした作りです。


 

2014年10月(4度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年10月26日(日)09時39分38秒
編集済
  本日、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.9「千選の精度を試した富山の廃村」
~ 富山県富山市小原,上市町伊折,護摩堂etc.
をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs09.html

これで、2013年分の旅行記15本、すべてアップしたことになります。
「500か所超えへの道Ⅰ(北陸以南)」は、No.10 北布引編に接続し、
「500か所超えへの道Ⅱ(新潟以北)」は、No.4 上越編に接続しました。
これまで先行分と分かれていたので、管理者としてはとてもスッキリしました(^_^)

画像は、到着してから30分かけて何とか見つけた護摩堂分校跡の石碑です。

    (2013年10月14日(日)午後4時頃)
 

2014年10月(3度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年10月20日(月)07時25分54秒
編集済
  2014年10月(3度目)、Web更新のお知らせ

本日、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.8 「2万2千歩 友と刻んだ飛騨の廃村」
~ 岐阜県飛騨市栃洞、跡津川、佐古、大津山 2013年10月
をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs08.html

友はミナカミさん夫妻と佐合さん、2万2千歩は主に大津山です。
大津山に向かう途中には崩落箇所があって、集落跡まで往復2時間歩きました。
季節は日が短い10月中旬、
ミナカミさん夫妻と一緒に3台のバイクで走れたことは
とてもなつかしい出来事です。
佐合さんは、この8月にご結婚されたとのこと。
おめでとうございます。

画像は大津山-崩落箇所間(帰路)、
茂みがあるダートにあるカーブミラーです。

    (2013年10月13日(土)午後4時30分頃)

 

2014年10月(2度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年10月12日(日)08時01分6秒
  本日、「HEYANEKOのホームページ」の「500か所超えへの道」の旅行記、
北陸以南 No.7 「山中にラジオが響く飛騨の廃村」~ 岐阜県高山市大原
をアップしました。
   http://heyaneko.web.fc2.com/fs07.html

大原は無人の廃村ですが、一軒残っている家からは大音量でラジオがかかっていました。探索をしていると、大沼ショージさん(かつての三線教室の仲間)から、
三線を教えていただいた葛飾区の沖縄居酒屋「かりゆし」のマスター(島保さん)が
心筋梗塞で亡くなられたとのメールが入りました。
今日はちょうど丸一年。時の流れの早さを感じます。合掌。

画像は、残っているとは思わなかった大原冬季分校跡の建物です。
長倉小学校(のち本郷小学校)大原冬季分校は、へき地等級3級、児童数 9名(S.34年)、
大正元年開校、昭和44年閉校です。

    (2013年10月12日(土)午後4時30分頃)

 

2014年10月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年10月 1日(水)21時17分58秒
編集済
  本日、Webの月例の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.6 「改めて500か所超えをめざす日向の廃村」
~ 宮崎県西都市吐合、西米良村尾股etc. をアップしました。
 http://heyaneko.web.fc2.com/fs06.html
2013年8月の旅行記だから、1年少し経ちます。

番号にユレがあるのは、9月中旬に新潟県の旅行記を「廃村と過疎の風景(10)」に
移動させたからです。あいすいません。

近年、訪ねる廃村の数が増加していて、それに伴い旅行記の数も増えてきています。
# 2012年=11本   (新規訪問 37か所)
# 2013年=15本   (新規訪問 52か所)
# 2014年=18本見込 (新規訪問 41か所見込) ※ 現在16本、36か所

つまり、月に一度の公開では未公開分が増えていくだけなので、
10月は、この先下記3本をおおむね1週間ごとに公開します。
#「廃村と過疎の風景(9)」北陸以南
# No.7 「山中にラジオが響く飛騨の廃村」
#      ~ 岐阜県高山市大原
# No.8 「2万2千歩 友と刻んだ飛騨の廃村」
#      ~ 岐阜県飛騨市栃洞、跡津川、佐古、大津山
# No.9 「千選の精度を試した富山の廃村」
#      ~ 富山県富山市小原、上市町伊折、護摩堂etc.

訪ねたのはすべて2013年10月。この3本で2013年分はすべて公開となります。
2014年分の公開は現在4本、未公開は現在12本(あと2本増える見込)
道のりは長いですが、ぼちぼち進めていこうと思います。

画像は、宮崎県小林市(旧須木村)田代八重(たしろばえ)の
普段は水没しているという、田代八重小学校跡です。
当日は、鹿児島県在住のむっちーさんと一緒に出かけました。
10数回訪ねているというむっちーさんが初めて学校跡を見たということを考えると、
相当な幸運だったようです。

    (2013年8月18日(日)午後3時20分頃)

 

レンタル掲示板
/92