teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


会津の廃村に行ってきました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 5月13日(火)07時14分16秒
  先の土日(2014年5月10日(土)~11日(日))、福島県会津地方、
会津若松市、会津美里町の廃村に行ってきました。
全部で9か所(うち初訪4か所)の廃校廃村をめぐりました。

九州から帰って中5日での会津への旅は、正直少々ハードでしたが、
天気にも恵まれて、楽しいひとときでした。
フィールドワークにおける趣味と仕事の割合はロクヨンです(^_^;)

画像は、会津美里町(旧会津高田町)の廃村 海老山の全景です。
地形図(1/25000 東尾岐、1976年)に文マークはなかったのですが、
平地と道の境目にサクラの樹が並ぶ風景を見て
「ここが分校跡に違いない」とすぐに確信できました。
左側の赤い屋根の建物は、他の集落でもよく見かけた子安観音です。

 
 

2014年5月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 5月 6日(火)07時09分35秒
  昨日、Webの月例の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.5「SLで 春に誘われ中越へ(1)」
~ 新潟県小千谷市十二平、魚沼市小芋川、長岡市牛ヶ首、
小千谷市源藤山、桂平、孫四郎をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fs05.html

GWは九州に出かけていまして、更新が遅くなりました。
九州5泊6日は、佐賀、長崎、大分、宮崎、鹿児島に1泊ずつ。
典型的な移動性の旅ですが、
新たに行ったのは移動の中継地である大分の佐伯駅前のみ。
宮崎、鹿児島は、昨夏も泊まった片内と日和山温泉だから、
まずまず深掘りもできた感じがします。

新潟と九州を比べると、ずいぶん雰囲気が違います。
日本の広さが感じられるところです。
地域の特徴が出るようなレポートをまとめたいところです。

画像は、小千谷市源藤山(げんどうやま)の田植えの風景です。
家屋のとがった屋根、車庫の丸い屋根に、
雪国 新潟らしさが出ています。

 

COMIC ZIN 秋葉原店

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 4月27日(日)15時11分9秒
  「HEYANEKOのホームページ」では、
冊子「廃村と過疎の風景」の取扱い書店として、
従来、次の8店を載せていました。

 ・三省堂書店(神保町本店4F)
 ・ジュンク堂書店(池袋本店2F・渋谷店・吉祥寺店)
 ・ブックファースト(新宿西口店B2F)
 ・紀伊國屋書店(新宿本店B1F)
 ・COMICZIN(秋葉原店・新宿店)

うち、ブックファースト新宿西口店は、
1~3集が検索はされるけれども、取扱いがない状態が続いています。
紀伊國屋書店新宿本店は、新刊ができたときは
平積みで置いてくれたりするけれども、
定着はしない状態が続いています。

本日の更新で、ブックファーストと紀伊國屋書店を削除しました。
神保町、池袋、渋谷、吉祥寺、秋葉原、新宿と1店舗ずつなので
バランスはよいのかもしれません。

先日、秋葉原に用事があったので、
COMIC ZIN 秋葉原店に、初めて足を運びました。
大通りに面していて、とても立地は良いです。
店舗は1階から3階まであって、おおざっぱに言うと
1階は売れ筋のコミック、2階は全階層向けのコミック、
3階はアダルト向けのコミックです。
「どこにあるかなあ・・・」と店の中を探索すると、
ある意味予想通り、3階にありました。
とってもアダルトなポスターが、入口の脇に貼られています。

アダルト向けのコミック売場の明かりは、
肉屋のスタンドの明かりに共通するものがあります。
その深いところに、まとまった数の冊子「廃村と過疎の風景」(第1集~第7集)が置かれていました。
なかなか存在感があります。
第4集と第7集の在庫は1冊ずつで、よく動いている様子です。

 

2014年4月(2度目)、Web更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 4月15日(火)07時05分50秒
編集済
  本日、Webの4月2度目の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.14「午年の旅のはじめは伊勢路まで」
~ 三重県津市(旧白山町)北布引 をアップしました。
 http://heyaneko.web.fc2.com/fs14.html

平成26年2月8日(土)の旅の記録ということで、
2か月前にスピードアップしました(^_^)
今年いっぱいぐらいは、1か月に2回更新のペースでアップすることができそうです。

現地は、近鉄旧東青山駅、青山トンネル、布引の滝など、見所がたくさんあって、
廃な物が好きな方にはオススメです。

画像は、近鉄旧東青山駅です。

 

2014年4月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 4月 1日(火)07時11分11秒
  本日、Webの月例の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.4「巳年の旅のはじめは紀州路へ」
~ 和歌山県古座川町宇筒井,大桑,日高川町串本etc. をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fs04.html

平成25年1月の旅の記録ということで、
相変わらず1年3か月ほど前ですね・・・
平成26年の旅も順調に進んでいるので、
そろそろ更新のスピードをあげようかと思いつつあるところです。

「廃村と過疎の風景(9)」の旅行記もだいぶ溜まってきたので
昨夜タイトルの見直しをしました。
一斉にやると、良い感じになるのが面白いところです。

画像は、大桑の立派な石垣に囲まれた広い敷地(伊東屋敷)です。


http://heyaneko.jugem.jp/

 

三重県の廃村に行ってきました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 3月24日(月)06時41分22秒
  春分の日(3/21(金祝))、誕生日の翌日、
先月に引き続き、愛知県在住のきたたびさんと三重県の廃村に行ってきました。
今回訪ねたのは、松阪市旧飯高町青田(おおだ)、蓮(はちす)、
旧飯南町峠(とうげ)の3か所で、青田、蓮は初訪、峠は10年ぶりの訪問です。

当日の伊勢の山間部は、日差しはありましたが風が強くて肌寒く、
あられが降ったかと思えばみぞれになって・・・ という荒天でした。
しかし、廃村には三者三様の味があって、
先月の北布引に引き続き、充実した一日を過ごすことができました(^_^)

今回はレンタカーだったので、クルマを返した後、
近鉄伊勢中川駅近くで、飲み会をすることができたのも、収穫でした(^_^;)

画像は、青田・盛伝寺跡の石碑と大きなクスノキです。


http://heyaneko.jugem.jp/

 

私も頑張らなければ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 3月13日(木)07時35分46秒
  >三女の父さま
我ながら、よく続いているものだと思います(^_^;)
見ていただく方がいると、続けようという原動力になります。
私も頑張らなければ。

昨年、当面の目標の廃村全県踏破を達成できたので、
今年は、ややギアチェンジして
情報量が少ない廃村をメインとして
旅を進めていこうと思います。

画像は、今年2月に訪ねた三重県旧白山町の戦後開拓集落
北布引の分校跡に立つ木製電柱です。
 

いつも思う事。

 投稿者:三女の父  投稿日:2014年 3月 4日(火)21時45分56秒
  久しぶりに、書き込ませて貰います。

いつ伺っても、本当に凄いと感じます。

データの質、量、続けてこられた期間・・・例えば国が「過疎集落のデータを集めようとも」、これ程のものは絶対出来ないでしょう。
又自分と同年輩(現在52歳です)のへやねこさんのHPに伺うと、「自分も頑張らねば」と何かやる気も沸いてきます。

今後とも頑張ってください。
応援させていただきます。
又HPも楽しませていただきます。
 

2014年3月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 3月 1日(土)08時42分25秒
編集済
  本日、Webの月例の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.3「辰年の旅の締めは 遠州の廃村」
~ 静岡県森町中塚 をアップしました。
http://heyaneko.web.fc2.com/fs03.html

これで、平成24年秋の旅の記録、更新が完了しました(^_^;)
1年3か月ほど前のことということで、勘弁をば…(^^)
この間いろいろあったせいか、ずいぶん前のような感じがします。
画像は、廃村中塚の分校(天方小学校嵯塚分校)跡です。

 

内大臣分校跡のサクラ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 2月22日(土)16時20分21秒
  2月から、今秋完成予定の「廃村と過疎の風景」第8集の
冊子の編集作業に取りかかりました。

No.2「九州本土の廃村めぐりは 熊本から」の
旧矢部町内大臣のレポートを読み直しているうちに
サクラの木の記述が引っ掛かりました。

>道なりに坂を登っていくと、鮮やかな紅葉が眼に入り、
>その先には分校跡の門柱が見えてきました。
>広い校庭にはサクラの木が植えられており、
>花が咲く頃に来たら美しそうです。
>その整然とした姿から、かつて内大臣に暮された方が、
>今もこの地を大切にされていることが想像できました。

落葉樹ではあるけれど、
サクラというにはすんなりとし過ぎています。
これを受けて、下記のように記述を改めようと思います。

>道なりに坂を登っていくと,鮮やかな紅葉が眼に入り,
>その先には分校跡の門柱が見えてきました。
>広い校庭には雑木ではなく,規則正しく落葉樹が植えられています。
>その整然とした姿から,かつて内大臣に暮された方が
>今もこの地を大切にされていることが想像できました。

Webの記述は気軽に改めることができるけれども、
冊子はその辺やっかいですから、注意深くなります。
この落葉樹は、ケヤキあたりでしょうか。
木の名前に詳しい方、よろしかったら教えてくださいまし。

 

レンタル掲示板
/92