teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2014年2月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 2月 1日(土)07時42分57秒
  本日、Webの月例の更新で、「廃村と過疎の風景(9)」
No.2「同窓会の流れで訪ねた 近江の廃村」
~ 滋賀県東近江市大萩,九居瀬をアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fs02.html

まだ、平成24年秋の旅の記録です。
のんびりした更新ですいませんです。
平成26年の旅も、ぼちぼち始める予定です。
画像は、廃村大萩(Oohagi)の分校跡の碑です。

 
 

2014年1月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2014年 1月 1日(水)07時57分2秒
  平成26年、あけましておめでとうございます。 >みなさま

新年早々ですが、カウントダウンの頃、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(9)」を新設しました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fs.html

サブタイトルは「500か所超えへの道Ⅰ(新潟以南)」、
「廃村千選1000か所のうち、新規訪問数500か所超えを目指す」ことが目標です。

No.1は「333か所超えは 下越の廃村」、新潟県五泉市上杉川、門原、仙見谷を訪ねます。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fs01.html
平成24年8月に、この旅を終えたときの新規訪問数は334か所でした。
その後、数は順調に伸びて、今年10月の新規訪問数は394か所になりました。
現在、最新の旅のレポート、
No.13「巳年の旅の締めは 上越の廃村」、新潟県上越市後谷、塩荷谷、十日町市小屋丸
も、あわせて公開します。
  http://heyaneko.web.fc2.com/fs13.html

500か所超え達成は、平成28年~29年になるでしょうか。
新年の旅は、新潟以南にこだわって進めようと思います。

画像は、平成25年1月に訪ねた和歌山県古座川町の高度過疎集落 宇筒井(Udutsui)の
物置として活用されている分校跡です。


 

「コミックマーケット85」に出展しました!

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年12月31日(火)22時35分31秒
  「全県踏破への道Ⅰ」,同人誌即売会 初出展!
「廃村と過疎の風景」第1集~第7集,出展しました(^_^)

★日時 2013年12月31日(火)10時~16時

★場所 東京ビックサイト(東2ホール“Q”ブロック-18a)
    サークル名:HEYANEKO

コミケの単独初出展,調べてみたら2007年8月の 「コミケ72」でした。もう6年半もなるんですね。
「よく抽選漏れする」と思っていたコミケも,「コミケ77」以降で見たら6勝3敗(当選率67%)でした(^_^;)

2014年の冬コミには,冊子「廃村と過疎の風景」第8集を完成させると,公約のチラシを配りました(^_^;)
有言実行で,引き続き「廃村全県踏破の道」を歩みたいと思います。

画像は,大晦日午後4時,おそらく日本一でかい三本締めです。
今後ともよろしくお願いいたします。 >コミケにかかわるみなさま

 

「コミックマーケット85」に出展します!

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年12月22日(日)07時38分30秒
編集済
  「コミックマーケット85」に出展します!

===

「全県踏破への道Ⅰ」、同人誌即売会 初出展です!

「廃村と過疎の風景」第1集~第7集、出展します(^_^;)
   *7種類となると、スペースが厳しいので、
    第1集~第3集は、少部数です。

●日時 2013年12月31日(火)10時~16時

●場所 東京ビックサイト(東2ホール“Q”ブロック-18a)
   サークル名:HEYANEKO

イベントの詳細はこちらです。
    https://webcatalog.circle.ms/
   *「コミケ85」(3日間開催)の3日目です。
   *出展するブロックのジャンルは、鉄道・旅行・メカミリです。
   *出展するブロックの出展者数は850サークル(全35,000サークル中)です。

2012年12月の 「コミケ83」に続く、同人誌即売会出展です。
    https://webcatalog.circle.ms/Circle/11045313/
新刊「廃村と過疎の風景」第7集(全県踏破への道Ⅰ(東海・北陸以東))は、
「廃村と過疎の風景」第3集以来、4年9ヵ月ぶりの旅行記です。
    http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison7.html

興味をおもちの方、コミケに出かける予定がある方は、是非お立ち寄りください。

===

画像は、今年7月8日(月)に出かけた、
福井県南越前町(旧河野村)の廃村 菅谷(すげのたに)の神社で見かけた
コンクリ製の小さな祠です。
クルマの中で冷茶が温茶に変わるほど、暑い梅雨の晴れ間でしたが、
祠があった日影は、妙に涼しかったことが思い出されます。


 

冊子「廃村と過疎の風景7」の検索法

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年12月 4日(水)07時35分19秒
  日本書籍出版協会(書協)のデータベースとのタイムラグがあるためと
思われるのですが、
オンライン書店「ブックサービス」、「丸善&ジュンク堂ネットストア」
での「廃村と過疎の風景7」の取扱いが遅れています。

取扱いが始まっている「アマゾン」、「COMIC ZIN」(通販)と
区別するため、ご案内を更新しました。
  http://www.din.or.jp/~heyaneko/haison7.html

アマゾンでも、少々検索しにくい状況にあります。
「廃村と過疎の風景7」へのたどり着き方の例を、検索法として
まとめました。

【検索法】
◎1
 「廃村 アマゾン」で検索する。
◎2
 「廃村と過疎の風景6」が出てくるので、選択する。
◎3
 画面が表示されたら、著者名「浅原昭生」をクリックする。
◎4
 「浅原昭生の著書」が7件出てくる。
 この中に「廃村と過疎の風景7」が含まれています。

ご不便をおかけして、申し訳ありません。
現在、書協に問い合わせ中です。
改善されましたら、改めてお知らせいたします。
 

2013年12月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年12月 3日(火)07時24分10秒
  今朝、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(8)」に、平成25年8月に訪ねた
宮崎県の廃校廃村めぐり(西都市寒川、吹山、片内)のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zsw27.html

今月の更新は、報告事項がもりだくさん、
・・・というか、更新箇所が多くてたいへんでした。

 ●1
  Web版「廃村と過疎の風景(8)」完結
   #4年8か月の旅の記録がまとまりました。
 ●2
  冊子「廃村と過疎の風景(7)」リリース
   #「全県踏破への道」の完結にあわせることができました。
 ●3
  冊子の取扱い書店に「COMIC ZIN」(秋葉原店・新宿店)を追加
   #11月の営業活動のいちばんの成果です。

更新とは直接関係しませんが、
アマゾンで「廃村と過疎の風景」第1集・第2集・第6集が、
#本 > 歴史・地理 > 日本史 > 一般 > 地方歴史散策
で、53位~55位に並んで入りました。
記憶の範囲では、2ケタのチャートインは初めてのことです。
第7集リリースとのかかわりは、不明です。

画像は、廃村寒川(さぶかわ)で見かけた,時の流れを感じさせる廃屋です。
寒川は、農山村の廃村の中では大規模で、存在感が強かったです。
 

冊子「廃村と過疎の風景(7)」、完成しました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年11月27日(水)07時30分30秒
  冊子「廃村と過疎の風景(7)」、昨日夕方、見本を手にすることができました。
ざっと見たところ、気になる箇所が4か所ぐらいありましたが、
表紙の発色がよい、地形図がきれいにできたなど、よいところも数点ありましたので、
完成時の心配は、払拭できました。
画像は、電球色の照明の下なので、感じがわかりにくいのですが、
地色は薄くて落ち着いた黄系です。

ネット書店、書店での発売は、金曜日(11/29)頃から始まる見込みです。
 

足尾(小滝・松木)を訪ねました

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年11月18日(月)08時08分18秒
  先の土日(11/16(土)~17(日))、妻と一緒に
足尾まで1泊2日で廃村ツーリングに出かけてきました。
今回の足尾は、廃村という眼で見ることができる
小滝(こだき)、松木(まつぎ)に特化してまわってきました。
ともに訪ねるのは今回が初めてです。

小滝には学校がありましたが、昭和31年閉校ということで、
千選のリストには入っていません。
学校跡は小高い場所にあって、古びた階段を上っていくと、
広い平地の中に大規模な基礎が残されていました。

松木は古くからの山村で、鉱山の煙害などにより
明治35年に廃村となった歴史があります。
ゲートを越えて広々とした渓谷の道を30分ほど歩くと、
3つの碑(お墓)が並んでいました。

さすが足尾は著名な鉱山跡、
往時を偲ぶものがあちこちに残っていました。
画像は、松木村跡に残る3つの碑(お墓)です。

 

2013年11月、Web月例更新のお知らせ

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年11月 1日(金)07時15分55秒
  今朝、Webの月例の更新で、
「廃村と過疎の風景(8)」に、平成25年8月に訪ねた
宮崎県の廃校廃村めぐり(諸塚村猿渡、旧西郷村長崎)のレポートをアップしました。
  http://heyaneko.web.fc2.com/zsw26.html

廃村全県踏破達成の、記念すべき旅です(^_^)
8月16日のことだから、まだ2か月半前です。
レポートまとめ、アップは、できるだけ早めにしたいところですが・・・(^^)

画像は、高度過疎集落 猿渡(さるわたり)、
隣り村の廃村 仲滝(なかたき)に向かう道の途中で出会ったお地蔵さんです。

 

平成25年秋、上越方面廃村ツーリング

 投稿者:HEYANEKO  投稿日:2013年10月30日(水)21時52分10秒
編集済
  飛騨・富山方面ツーリングの台風26号による中断のため、
急きょ浮かび上がった、上越方面廃村ツーリング(1泊2日)、
台風27号に翻弄されてはいへんでしたが、何とか無事に実行することができました(^_^)

●10/27(日)
 早朝5時21分、鉄道で南浦和出発、普通列車を乗り継いで、
 午前9時43分、魚沼市旧小出町のJR小出駅に到着。
 堀淳一先生主宰のコンターサークル 旧山古志村探索に参加。
 中山隧道と、ニシキゴイを養殖するいくつかの池を見て回る。
 夕方4時16分、JR小千谷駅で散会後、鉄道で飯山へ移動(午後7時17分着)。
 知人からバイクを受け取り、駅前旅館に宿泊。

●10/28(月)
 朝6時半頃バイクで飯山の宿を出発。なじみの廃村沓津(くっつ)に立ち寄った後、
 上越市旧高田市の廃村 後谷(うしろだに)、塩荷谷(しおにだに)をまわり、
 R.405、R.403などで旧牧村、旧安塚町、旧大島村などを走り、
 旧松代町の高度過疎集落小屋丸(こやまる)を訪ねて、
 六日町ICから関越道を走って、午後6時45分、浦和に帰還。

画像は、長野県飯山市の廃村沓津の分校跡です。
私が沓津を訪ねたのは、今回で実に12回目(^_^)
今回は朝霧に包まれていて、これまでとは違う表情を見せてくれました。

 

レンタル掲示板
/92